ラブコメ 学園 少女マンガ 漫画

水玉ハニーボーイ【2巻ネタバレ・感想】七緒の兄弟が登場!なんと6人「七緒家の血筋」は濃ゆかった

更新日:

『水玉ハニーボーイ2巻』

著者: 池ジュン子
雑誌:LaLa [月刊ララ]
出版社:白泉社
漫画レーベル:花とゆめコミックス

ゆきおか
がっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪

【水玉ハニーボーイ2巻】のネタバレ&感想

七緒家の兄弟6人が、学校にやってきた!

校内で、不良生徒に絡まれている、中学生女子を発見した藤。

「それ、あたしも交ぜてよ。イイ事教えてあ・げ・る♡」

また独特な方法で、助けに入る(笑)

そこへ仙石も参戦!竹刀を振り下ろし、不良生徒の顔の前で寸止めする。

「おい、放してやれ。でないと…次は当てる」

侍女子に怯えて、逃げる不良たち。

一件落着かと思いきや、今度は幼い少女に「ママ」と言われ縋りつかれた。

冷めた顔で「…………産んだのか」って言う仙石さん、面白い!

仙石が、父親か家族はと尋ねると、少女は「まなぶくん」と言った。

「まさか…」って顔で、藤君を無言で見つめる仙石さん(笑)

「ねえ仙石さん、あたし誰が好きか伝わってる?わかってる!?」

「その前に、あたしの性別知ってる!?」

藤が仙石に、必死で訴えていると…七緒がやって来た。

すると新たに、少年3人と、先程からまれていた中学生2人がわらわらと集まってきた。

実はこの子たち全員、七緒の兄弟。

  • 長女:更(中3)
  • 次男:雫(中2)
  • 三男:累(小4)
  • 四男:蓮(小3)
  • 次女:愛(小3)
  • 三女:舞(小1)

さらにもう一人、七緒が修行している間に産まれた子がいるらしい。

8人兄弟!?

長女の更(さら)は、七緒にサインを求めた。

長女「実は父が先日、家出しまして…。

成人するまでは、ぜったい失踪しないという誓約書です。さあサインして!学君」

七緒「断る!俺は縛られて生きるのは嫌いだ!!」

次男「そう…サインしてくれないなら、僕たち家出します!全員捕まえるまで帰らないから!」

そう言って、三女以外はみんな散っていった。

七緒家は全員、放浪癖があるらしい(笑)

残った三女、舞(まい)は物心がつき始めたころに七緒が失踪して、先日熊を抱えて帰ってきたのを見て、すっかり怯えて警戒しているそうな…

そりゃ怖がるわ(笑)

藤は、七緒が兄弟を捕まえて戻ってくるまで、お菓子を食べて待っていようと舞に言う。

嬉しそうに、にっこり微笑む舞を見て、仙石は思わず「いいな」とこぼした。

仙石は1人っ子で、周りも大人ばかりの環境で育ったから、妹と仲良く話すという事を羨ましく思ったらしい。

仙石にとって、妹は未知との遭遇…扱い方には、全く慣れていない。

じっと見つめたら、舞は怯えて、藤の方に逃げてしまった。

仙石は、舞に懐いてもらえるようになるのか…?

藤君に笑われて「笑うなっ」「うるさい」って言う仙石さん、可愛い!

舞と待機する2人(七緒が兄弟を捕まえるまで)

藤は、リボンで舞の髪型を可愛く変えてあげた。

舞は「かわいい」と言って、とっても喜んでいる。

「ふじ君、やさしい人」

「学君みたいに、目つき怖くないし、竹刀持ち歩いてないし、マッチョじゃない」

なんだか自分の事を言われている気がして、落ち込む仙石(笑)

そこへ、兄弟を探している七緒がやってきた。

仙石が、舞を抱えて隠れると…

「…ふじ君より、力つよそう(かたい)」

舞にボソッと言われて、激しく落ち込む仙石(笑)

もう一緒にいられないと、部活に戻ると言い、藤が見送ろうとすると

双子兄弟を捕まえようと、全力疾走する七緒に突き飛ばされて

藤は、仙石に壁ドンしてしまう…!

真っ赤になって「いやーん」と逃げ出す藤(笑)

仙石と舞2人きりになっちゃったよ。困ってるよ仙石さんw

すると舞は、突然自分の気持ちを話し出す。

七緒は、一番年上で頼りになって

みんな大好きだから、いなくなって寂しかった。

クマはびっくりしたけど、本当は自分も家にずっといてほしいと思っていると。

仙石が「いいな、自慢の兄弟がいて」というと舞は、かなりおませな発言をする。

「でも、おねえちゃんが舞をうらやましいのは、兄弟じゃなくて、ふじ君がかまってくれるからだよね?」

「おねえちゃん、よくふじ君見てる」

「…ふじ君の事、好きになっちゃやだ」

舞ちゃん、可愛い!そしてライバル視されてる仙石さん(笑)

仙石は、藤に対して恋愛感情はないと説明しようとすると、

遠くから藤の声が聞こえた。

「しつこいわよ、アンタ達!」

「女の子怖がらすような事、すんじゃないわよ」

また不良に絡まれていた長女たちを、助けようとしていた。

藤君カッコイイ!(〃▽〃)ポッ

仙石は、舞に「ここに隠れていろ」と言って、藤のもとへ参戦しに行った。

すると…絶妙なタイミングで、七緒が現れた。

「俺の妹たちに、何か用か?」

七緒の妹だと知った不良たちは「すみませんでした!」と言って逃げて行った。

七緒は、兄弟を全員捕まえて「成人するまで失踪しない」と誓う誓約書にサインした。

結局、良い所全部持っていかれたと嘆く藤に、仙石は「なかなか格好良かったぞ」と褒める。

藤が、顔を真っ赤にして喜んでいると、舞が突然「告白」をしてきた…!

七緒家はみんな「強い人」が好き!

「あのねっ、舞は好きなの。おねえちゃんが」

「おねえちゃん優しいし、きれいだし、強くて格好いい」

さっきまで、あんなに怯えてたのに(笑)

すると、兄弟たちも負けじと告白する。

長女「舞ズルい!私も仙石さん好きです。付き合ってください!」

次男「2人とも女の子でしょ。僕が!」

三男「ボクも」

四男・次女「じゃあ僕らもー!」

仙石さんモッテモテだな(笑)

みんな「強い人」がタイプなんだ。さすが七緒家!

舞ちゃんが藤君のこと好きって言ったのは「ふじ君みたいなお嫁さんになりたい」っていう、あこがれだったのね。

「仙石さんの天然タラシ!」って、ハンカチ噛みながら嘆いてる藤君、最高!(笑)

~2巻ネタバレ&感想END~

ネタバレ&感想
水玉ハニーボーイ【3巻ネタバレ・感想】合宿で急接近!その後の仙石が可愛すぎる…!

『水玉ハニーボーイ3巻』 著者: 池ジュン子 雑誌:LaLa [月刊ララ] 出版社:白泉社 漫画レーベル:花とゆめコミックス ゆきおかがっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪ 【水玉ハニーボーイ3巻 ...

続きを見る

⇒【水玉ハニーボーイ】に関する記事一覧はコチラ!

⇒他にも、こんなマンガ読んでます♪

⇒漫画がオトクに読める『ポイント活用術』も紹介しています♪

Copyright© f.story(エフドットストーリー) , 2018 All Rights Reserved.