ラブコメ漫画

水玉ハニーボーイ【6巻ネタバレ・感想】両想い!のはずが…仙石、想いを伝えようと大迷走(笑)

水玉ハニーボーイ6巻
著者:池ジュン子

ゆきおか
ゆきおか
がっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪

悩む仙石、告白の答えは…?

5巻ラストで、七緒に改めて告白され「答えを聞かせてくれ」と言われた仙石。

仙石「…今、私自身、自分の気持ちの整理がまだだ。
そんな答えでも、貴方は納得してくれるか?」

七緒「…では近いうちに。

仙石、自分が納得するまで考える事を、悪いとは言わん。

それでも、答えを出すには十分待った」

ゆきおか
ゆきおか
この真剣な場合の後、そのまま女子更衣室に入って

「部屋を間違えた」って真顔で出てくる七緒(笑)

ホント、君ってやつは!

仙石は、まだ答えを出せなかった。

悩んでいると、仙石家に藤&藤の姉(一華)が訪ねてきた。

一華、突然の結婚報告!

ゆきおか
ゆきおか
何故か、藤もびっくりしてる(笑)

家族内で、藤だけ知らされていなかったらしいw

一華は仙石に、ドレスショップの試着についてきてくれないかと頼む。

婚約者は急な仕事が入ってしまったらしい。

タキシードもセットで見たいから、仙石に新郎役をしてほしいと言う。

ゆきおか
ゆきおか
「仙石さんをパシリに使わないで!」って怒る藤を

「芽衣ちゃんと、チャペル見たくない?」とそそのかす姉(笑)

そしてまんまとハマる藤w

ドレスショップで試着する、2人の新郎

仙石と藤は、ドレスショップでタキシードを試着する。

藤が別のタキシードを試着している間に、仙石は、一華と一華の結婚相手の馴れ初めを聞いた。

仙石「邦弘さん(婚約者)とは、どういう経緯で」

一華「うふふ♡秘密。でも何度もフラれて、大変だったわ~」

仙石「え、意外です」

一華「私こんなんでしょ。司郎も言ってたけど、彼本当真っ当でね

住む世界が違うとか散々、趣味も全然合わないし」

(悩む仙石)

一華「理由なんて何でもいいのよ。

私は趣味も生き方も違ったって、邦弘さんという人間が好きなの。

恋は、理屈でするものではないわよ」

答えが出た!

何故か、藤が間違えて他の人の「模擬挙式」に連れていかれてしまった(笑)

仙石が式場に駆けつけると、タキシード姿の藤と、ウエディングドレス姿の見知らぬ女性が並んでいた。

仙石は、藤が撫子と2人でお出かけした(5巻参照)時に感じたモヤモヤと、同じ気持ちを感じた。

(これが友人の視点…)

「嫌だ…」

この瞬間、仙石は「藤が好き」だと確信した。

「来い!君が誓ったのは、私だろう」

そう言って、藤を連れ去った。

ゆきおか
ゆきおか
仙石は、新郎姿だから

「新郎が、新郎を奪いに来る」図になってて、

周りの人たちがざわついてるのが面白い(笑)

七緒に、告白の答えを伝える

やっと「藤のことが好き」だと分かった仙石。

七緒に、告白の返事を言おうとするが、いろいろタイミングが合わず、七緒がなかなか捕まらない。

ゆきおか
ゆきおか
そして何故か、惚れた男に冷たくなってしまうw

ようやくタイミングが合い、七緒は仙石に勝負を挑む。

勝負は、仙石の勝利。

「答えが出たんだな」と言う七緒、「あなたの気持ちには答えられない」と頭を下げる仙石。

「藤だろ、知ってた。」

「俺も西郷も藤の姉も、姫も多分知ってた。

気付いてないのは、仙石と藤だけだ。はっはっは」

「当人たちが気付いていないのに、第三者の俺が気付くこの疎外感」

「どうだ、可哀想だろう」

ゆきおか
ゆきおか
すごい可哀想なのに、全然かわいそうに見えない!(笑)

仙石の頭を、わしゃわしゃして「俺のために悩んでくれて、ありがとな」って笑う七緒。

一瞬、ここだけ素敵すぎる!

でもまた、すぐにいつもの天然おバカに戻る(笑)

なんかもったいないwでも、そこが魅力でもある♡

七緒、なぜか仙石のライバルになる

告白を断った後、七緒に「これからも、良きライバルであってほしい」と言う仙石。

すると、七緒は…

「ライバル宣言をして、この俺から藤を奪えると思うなよ」

「別れさせてみるがいい、現・藤の恋人である俺を」

「世話焼きな藤が、思わず世話を焼いてしまう、ちょっぴりお転婆な現・恋人の俺を!」

「仙石のライバルの、この俺を!!」

ゆきおか
ゆきおか
七緒――――!!(笑)

この人、ホント面白すぎるw

この瞬間、仙石に鬱陶しいライバルができた(笑)!

何故、スカートを差し出した!?

藤は七緒と付き合っている(ことになっている)が、想いを伝えるだけならと

仙石が「私、藤君の…」と言いかけると、

藤が勘違いして「あたしの女装姿が見たい!?」とか言い出した(笑)

そして、何故か素直に、自分のスカートを差し出す仙石w

「マジで!?」

「えっ別にいいけど、いや待って、良くないわ」

「だって仙石さんのスカートでしょ」

「毎日っていうか、体育の前まで来てたやつでしょ」

「好きな子のスカート穿く!?変態じゃない」

(でも、仙石さんが喜ぶなら…)

「どーお?仙石さん、似合うー?」

仙石「藤君、君…どうかしてるな」

ゆきおか
ゆきおか
自分で渡しておいてヒドイ(笑)!

この件、めちゃくちゃ笑ったw

バイト先対抗草野球大会

姫の「バイト先対抗、草野球大会」に参加する事になった、仙石・藤・七緒。

七緒は、告白を断られて以来、仙石の強力なライバルになり

この草野球大会で、勝負をすることになった。

「より点数を取った方の勝利」

事情を知らない藤は、2人がバチバチしているのを見て、不安がる。

ゆきおか
ゆきおか
そして「勝利の女神のキス」を仙石にしようとして

邪魔する七緒の額にキスしてしまうw

おえーってなってる藤、面白い(笑)

姫「やーい、フラれんぼ」

七緒が、仙石と藤の仲をことごとく邪魔する姿を見て、

姫が「やーい、フラれんぼ」と話しかけてきた。

姫「やーい、フラれんぼ」

七緒「酷い、俺のガラスのハート割れちゃう」

姫「フラれて早々、2人の邪魔に徹するとか、毛生えてる部類だろ。

本当最高だよな、超楽しそう」

七緒「最高なのか」

姫「私はポチが嫌いなんで、最高でーす。

それに、お前の気持ちは1日2日で割り切れるほどのもんじゃなかったろ。

それでも仙石の相手してくれるんだ、十分だ」

ゆきおか
ゆきおか
姫が、めずらしく優しい!

仙石、勝利の女神にキスをねだる

順番が回ってきた仙石は、藤に

「キスはなしか?勝利の女神様」と、さわやかな笑顔で言った。

藤は照れて、自分がかぶっていた帽子を、仙石にかぶせ

頭にキスする…

ゆきおか
ゆきおか
照れながら「勝利祈願」っていう藤、完全にヒロイン!

キスがねだれて、何故「好き」が言えないんだ仙石さん(笑)

結局、勝負は引き分けに終わった。帰りの電車内

「…ありがとう、先輩」

「私の我儘、拒否したってよかったのに」

「だからありがとう」

七緒が、やさしく「ああ」とうなずくと…

藤が、七緒の肩にもたれかかった。寝ているようだ。

ドヤ顔を決める七緒(笑)

ゆきおか
ゆきおか
せっかく、イイ男モードだったのに、一瞬で天然おバカに戻る(笑)

もー面白すぎだよ、好きだよ(〃▽〃)ポッ

この後の、おまけ4コマも面白かった!

段ボール越しのキス!?

藤&藤の友達と「女子部のお茶会和風編」を楽しんだ仙石。

お茶会が終わり、小物類を衣裳部屋に返しに行くと

ロッカーの上から、段ボールが藤めがけて落ちてきた…!

仙石は助けようとしたが間に合わず、段ボールが、藤の頭にすっぽりかぶさっていた。

どうやら空の段ボールだったようだ。

ゆきおか
ゆきおか
段ボールかぶった藤に向かって「誰だ貴様」って言っちゃう仙石(笑)

そして何故か、段ボールかぶった藤に「好きだ」と告白。

当然、藤は聞こえない。

ゆきおか
ゆきおか
段ボールに八つ当たりして、ボカボカ殴る仙石(笑)

そして…段ボール越しのキス!

仙石さーん!行動が謎だよw!!

告白も、段ボール越しのキスも、藤は全く気付いていない。

仙石が、ちゃんと藤に想いを伝えられる日は、いつなのか…

修学旅行で、ハプニング!?

京都に修学旅行に来た!

仙石は何故か、清水寺に「好きだ」と告白する(笑)

ゆきおか
ゆきおか
藤には言えないのに、何故!?

しかも、すっごい可愛い顔で(笑)

藤は、仙石が行きたそうな場所をチョイスして、観光を楽しでいた。

すると、ストールを巻いた着物姿の女性が、男に絡まれている場面に遭遇。

いつものように仙石は勇ましく、藤は独特なキャラで(笑)、女性を助けた。

ゆきおか
ゆきおか
そして「藤の浮気者―」と言いながら、ずぶ濡れで川から登場する七緒(笑)

女性は、藤に「おおきに」と言って頬にキスした。

ゆきおか
ゆきおか
そして、再び「藤の浮気者!」という七緒(笑)

西郷撫子に遭遇

集合場所を間違えてしまった、撫子に遭遇!

面倒なメンツが揃った(笑)

そして、何故か再び川から登場して

藤を川に引きずり落とし、仙石を巻き添えにする七緒w

3人は、撫子が泊っているホテルに向かい、制服を貸してもらった。

ゆきおか
ゆきおか
仙石さん可愛い♡藤はいつも通り!

…七緒ぉぉぉ(笑)!頭にリボンするんじゃないよw

藤は、先生に連絡しようとするが、電話がつながらず、ホテルの外に出た。

女装姿の藤に、周りの人たちがざわついていると…(笑)

「ターゲットらしき人物を確認。

身長や外見的特徴も、大方一致してます。

花女で間違いありません」

“捕らえろ”

藤は、何者かに捕らえられた…

藤がさらわれた!?

撫子の友達が「やっぱり尾けられてる」と言い出した。

観光している間ずっと、着物姿でストール巻いてて、泣きボクロのある美人女性に尾けられていたらしい。

その女性は、少し前に仙石たちが助けた女性に、特徴が似ていた。

七緒「藤、遅くないか?」

もしかして藤は、さらわれた…?

撫子たちをずっと尾けていた、ストールを巻いた着物姿の女性と、何か関係があるのか!?

ゆきおか
ゆきおか
危機迫る状況のはずなんだけど、

「捕らわれの藤」の図がノリノリで、全然心配にならないという(笑)

本編は、ここで終わり。

特別編①「更の甘えたいモード発動」
特別編②「七緒の末っ子を預かる、仙石&藤」

2つとも、ほのぼのな感じで癒された♪

更の「甘えたいモード」可愛かったし

更にハグを求められて「きっつ」っていう七緒に笑った!w

妹にハグとか嫌なタイプなのね。なんか以外、そして酷いw

藤の小学生入学式の時の、ダボダボ制服姿も可愛い(〃▽〃)ポッ

七緒家の末っ子(赤ちゃん)に、胸を触られて

双葉に「この胸…硬い!」「この弾力は胸筋(マッスル)」ってアテレコされて

落ち込む仙石が、面白い!w

ABOUT ME
ゆきおか
ゆきおかです!
RELATED POST