ラブコメ 学園 少女マンガ 漫画

オネエ男子、はじめます。【1巻ネタバレ・感想】おバカな主人公が、オネエ男子に染められる(笑)

更新日:

マンガを読んだ感想を、簡単に紹介(1巻)

『オネエ男子、はじめます。1巻』

著者: 池ジュン子
雑誌:LaLaDX
出版社:白泉社
漫画レーベル:花とゆめコミックススペシャル

ゆきおか
これは面白い!最初から最後までずっと笑えます。

好きな子と仲良くなるために「オネエ男子」目指すって(笑)

師匠も修行仲間(幼なじみ)もキャラが濃いし、イケメン!

ここから、がっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

【オネエ男子、はじめます。1巻】のネタバレ&感想

「好きな子に近づけるなら、俺は何にでもなる!」

片思いの女子に告白しようと呼び出すも、友人経由でフラれてしまい

玉砕する主人公、高橋竜(たかはしとおる)

フラれた理由は「男が苦手だから」

失恋の悲しみに暮れていたら、クラスメイトの相良寅之輔(さがらとらのすけ)と、片思い相手の音鐘佑梨(おとがねゆり)が、仲良さそうに話しているところを目撃する。

相良は、オネエ男子!

男だけど、喋り方やしぐさが女子だから、相良だけは音鐘と仲良く喋ることができるらしい。

「音鐘さんが、男が苦手だってあきらめかけてた。でも無理だ」

「友達経由でフラれたけど、本人に告白したい。せめて一言話したいっ!」

「好きな子(音鐘さん)に近づけるなら、俺は何にでもなる!!」

他に方法はいくらでもあるはずだが(笑)

高橋は、相良に弟子入りして「オネエ男子」になる事を決意した。

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

高橋ルーム「乙女部屋」計画

「意識を高めるために、まずは形からよ!」

高橋の女子力を上げるべく、まずは形からと「乙女部屋計画」を実行する相良。

普通の女子でもやらないような、ピンクを基調としたレースやフリルをふんだんに使った姫御殿のような部屋にしてしまう(笑)

「師匠の部屋もこんななの?」と高橋が尋ねると、相良はこう答えた。

「まさか。私は可愛いものじゃなくて美しいものが好きなの」

「高橋の場合は、意識が低いからよ」

部屋を異常なほど乙女化して、意識を強制的に高めようという試みらしい(笑)

女子力を高めれば、男が苦手な音鐘も少しはガードが緩くなるかもしれない。

仲良くチャンスだと伝えると、おバカな主人公、高橋はさらに部屋を乙女チックに変える提案をする(笑)

高橋「師匠!この花どう?」
相良「あらいいじゃない」

高橋「じゃっじゃあ、テーブルにはこの布を」
相良「まあ綺麗!」

高橋「ソファに合うクッション買わなきゃ!」
相良「これも素敵よ♪」

高橋「キャー可愛い!」
相良「これはこれは!?」

結果、見事な乙女部屋が完成して、高橋は何かを掴んだ(笑)

じゃあ私はこれでと、高橋の部屋を出てドアを閉めた瞬間、キメ顔で「やり過ぎたわ」って言う相良に笑ったわ!

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

「最近、兄の様子がおかしい…」

高橋の妹が、兄の異変に気づく(笑)

高橋の妹は、最近「兄の様子がおかしい」と心配していた。

急に身なりに気を使いだしたり、家の手伝いをするようになったり、服の汚れを発見して「キャアッ!やだもう服汚れてる」とか言ってたり…絶対変だ。

ある日、相良が高橋家を訪ねたとき、妹は「この人の影響だ!」と確信する(笑)

「高橋!お手洗い、左手の突き当りでいいのよね?借りるわよ」

きっと、言葉がうつっただけだ。
関西弁とか独特な口調はうつるというし…

と思っていた妹は、兄の「乙女部屋」を見てしまう!!

ドン引きしながらも自分の部屋と比べて、どこか敗北感を感じる妹(笑)

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

高橋の幼なじみ、イケメン2人登場!

高橋の幼なじみ2人が、高橋のクラスにやってきた。

見た目可愛いけど、中身ゴリラ

世良耀市(せらよういち)

ちっちゃくて、萌え袖してて、超絶可愛い!

見た目は女の子みたいに可愛いのに、ちょっと椅子もっただけで折っちゃうくらい怪力の持ち主。

か弱くて守ってあげたくなる見た目をしてるのに、中身ゴリラなギャップ男子。

モテすぎて、日々ストーカーに怯える男

大和伊織(やまといおり)

端正な顔立ちをしていて、めちゃくちゃイケメン!

モテすぎて、差出人不明の手紙が大量に送られてきたり、2人のストーカーが同時に自宅に上がり込んで鉢合わせして、勝手に喧嘩して傷害事件になったり…

そのせいで女性恐怖症になってしまった、可哀想なイケメン。

幼なじみ2人とも、キャラ&オーラ強い!

主人公高橋は「モブ顔」だから、3人並ぶと霞んじゃうんだよね(笑)

ストーカーの存在に怯える友達は、高橋の妹が好き

「私は呪いにかからない!」

イケメンすぎて、周囲の女性がストーカー化する男

大和は、高橋の妹が好きなことが判明!

でも、好きな理由がマゾすぎる。

「俺のこの力(目が合うと相手がストーカー化する)を知ってるから、全然近寄ってこない」

「女の子に本気で嫌がられるの初めてで、ちょっと嬉しくて」

実は高橋の妹、杏は、昔大和のことが好きだった。

でも、本人曰く「呪いにかかっただけ」らしい(笑)

幼い頃、杏の友達が、大和と目が合っただけで豹変したり

クラスの優等生だった子が、目の色変えて「観察しなきゃ!余す所なく知らなきゃ」とか言って、大和の行動記録をつけるようになったり、

陸上部で全国1位を目指していた子が「待って!地の果てまで追いかけるから!」と、大和を追いかけまわすようになったりしたのを見て、

自分も同じ症状なんだと思い、大和から距離を置くようになった。

「近距離または長時間顔を見る、3秒以上目が合う、大体そのあたりで呪われる」

不憫すぎる!イケメンなのに損しかない(泣)

女装メイクで、高橋が化ける!

音鐘と、念願の初会話!(女装姿)

文化祭で「男装女装喫茶」をやることになった高橋たち。

クラスメイトの女子に実演講習してもらい、メイクをして、ウィッグを被ると…美少女!

高橋が美少女になった!!

相良「女の子だったらモテたでしょうに、かわいそう」

高橋、モブ顔だからな…

文化祭の買い出しへ街に出た

女装姿の高橋と、フツーの格好してる相良と、隣のクラスなのに何故か女装させられた幼なじみ2人。

何故か妹に遭遇して、速攻バレる(笑)

「お前…お前兄貴、お前―――!!」

「今度メイク教えろボケー!ちっくしょぉぉぉぉぉぉぉ」

と言いながら逃げ去る妹(笑)

気を取り直して、買い出しを続けると、今度は音鐘を発見!

男に絡まれて困っていた音鐘を、高橋が助ける。

「この子あたしと約束あるんで、お兄さんは諦めて♡」

女装中だからね(笑)助け方可愛いすぎだわ!

これがきっかけで、音鐘と「初会話」することができた高橋。

見た目は女子だけど、話せただけでも満足だと、幸せをかみしめながら立ち去る高橋を、顔を赤らめながら見送る音鐘。

え?まさか、女装姿の高橋を好きになっちゃったの?この子

もう満足、思い残すことはない。オネエ修行終了!?

念願叶って、音鐘と話すことができた高橋。

相良みたいに仲良く話したりもしてみたいけど、自分は男だし

自分を偽って近づいても、いつかバレて嫌な思いさせそうだから、もうオネエ修行は終わりにする。音鐘さんのことは諦めると相良に伝えるが…

「文化祭で、佑梨ちゃん(音鐘)に正体バレるんじゃない?」

そう、高橋のクラスは「男装女装喫茶」を文化祭で行う。

そのために、高橋は女装して、買い出しにでかけていたのだ。

文化祭当日、高橋は女装姿で、音鐘と対面した。

「バレるんじゃないか」とヒヤヒヤしていたが、音鐘は高橋の正体にまったく気づかない様子。

もしかしたら、高橋竜(たかはしとおる)という存在自体、知らない(興味がない)のかもしれない(笑)

音鐘さんのことは諦めようと思っていた高橋だが…

「前から、音鐘さんのこと可愛い子だなって思ってて、ずっと憧れてて…」

「こんな風に話せて良かった」

どうしても、これだけは伝えたいと、自分の気持ちを(女装姿で)音鐘さん伝えた。

すると音鐘さんは、高橋にぐっと近づいて

「私…高橋さんのこと…」

顔を赤らめながら、告白めいた事を言った。

高橋のオネエ修行は、まだまだ続く!
女装の練習も必要だ(笑)

やっぱこの子、好きなのか!女装高橋を好きなのね(笑)

~1巻ネタバレ&感想END~

ネタバレ&感想
オネエ男子、はじめます。【2巻ネタバレ・感想】好きな子に懐かれた「女装姿のあたし」

簡単なあらすじ紹介(2巻) 『オネエ男子、はじめます。2巻』 著者: 池ジュン子 雑誌:LaLaDX 出版社:白泉社 漫画レーベル:花とゆめコミックススペシャル 「男が苦手」な女子に惚れ、お近づきにな ...

続きを見る

⇒【オネエ男子、はじめます。】に関する記事一覧はコチラ!

⇒他にも、こんなマンガ読んでます♪

⇒漫画がオトクに読める『ポイント活用術』も紹介しています♪

Copyright© f.story(エフドットストーリー) , 2018 All Rights Reserved.