デスゲーム 原作 少年マンガ 映画原作 漫画

リアルアカウント6巻【ネタバレ・感想】ユウマの本性が暴かれて、人格が豹変する…!?

更新日:

【6巻】マンガを読んだ感想を、簡単に紹介

『リアルアカウント6巻』


ゆきおか
これまでのゲームの功績から、一躍人気者になった

ユウマ本性が暴かれて、豹変します…((((;゚Д゚))))!

ここから、がっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

リアルアカウント6巻【ネタバレ・感想】

個人情報を晒せ!「大炎上祭ゲーム」

<ゲームのルール>

  • 制限時間は1時間
  • それまでに、やぐらを全焼させる
  • 時間内に全焼できなければ、ゲームオーバー
  • 燃料は、スマホの中にある個人情報
  • めぼしい(炎上)燃料を見つけたら「燃料投下」と発声する
  • 投下された情報を見た視聴者は、その時の感情を「特別掲示板」に書き込む
  • 個人スレッドの書き込み数で、投下される燃料の量が決まる

あまりにも大きいネタを投下すれば、フォロワーに嫌われて、フォローを解除されてしまう。

しかし小ネタすぎても、投下される燃料が少なく、やぐらを全焼させることができない…

そこそこのラインを狙って、燃料投下!

チャットHの履歴や、ネカマ写真トリミング前の「おっさんが裸にバスタオル巻いてる写真」

ゴリゴリのブラコン写真や、元カノと付き合い始めた時のサムイメッセなど…

ユウマたちは、そこそこのラインを狙って燃料を投下していった。

ゆきおか
想像以上に恥ずかしく、精神的ダメージは半端ないw

でも、おかげで、やぐらはものすごい勢いで炎上していた。

炎上ゲージがMAXに達し、これで全焼かと思いきや…

祝「やぐら上段消失」の看板が出現!まだ下段が残っていた・・

ここからが本番!シャッフルタイム

これまでは自分のスマホから、個人情報を投下していたが

シャッフルタイムにより、他の人のスマホから投下できるようになった!

今までは控えめだったが、他人の個人情報となれば容赦ない。

ホストの営業メールが「全部コピペ」であることが暴露されたり(客は全員フォロワー=即フォロワー0)

奥さんとペアルック写真を投下した人の、ラブラブメッセ送信直後、復讐代行掲示板に書き込みをしていたことが暴露されたり(フォロワーは奥さんのみ=即フォロワー0)

ゆきおか
怖っ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル!!!

しかし、ユウマだけは「他人の個人情報を、のぞいて晒すなんてできない」と、スマホを見ないようにしていた。

そんなユウマを見て、チホは自分の気持ち(ユウマが好き)を再確認する。

そして…

あやめの黒歴史が投下される!

チホは、あやめのスマホを持っていた。

投下した情報は「殺害計画書」

あやめは、過去に自分をいじめた人に向けた、殺害計画書を作成していたのだ。

「やだぁ…あやめさんって、こんなひとだったんですねぇ~~」

「ウフフフフ♡」

ノリノリで、あやめを追い詰めるチホ。

  • こんな人、とても一緒にいられない
  • 毒殺されちゃう
  • 人として最低の殺人鬼さん

ユウマをドン引きさせようと、酷い言葉を並べ立てるが、そんな事でユウマが引くわけもなく

あやめを庇い「仲間じゃなかったのかよ」と訴える。

制裁!?チホの「すっごい写真♡」続々投下!

「まったくけしからんね」

「貴様のような、頭の中真っピンクのクズがな」

現実世界で、名門私立高校の教師をしている男が、チホのすっごい写真♡を次々に投下していった。

ゆきおか
え、どんだけ…w撮りすぎでしょチホちゃんww

あやめが、チホを庇って燃料投下!

あやめは、この教師のスマホを持っていた。

女の子を晒しものにして何が崇高だと、膨大な「援交の記録」を投下した!

ゆきおか
なぜ表にするww

酷いことをしたのに、助けてくれたあやめ。

チホは、心の底から反省した。

ゆきおか
キリカちゃんに「意外といいところあるんだね」と感心されるあやめちゃんw

どんだけ好感度低かったんだww

ースポンサー広告ー
FODプレミアム

第2回シャッフルタイムで、ユウマの本性が暴かれる!

スマホは、ユウマ⇔ミズキに。でも…

ユウマは、ミズキ相手でも「他人のスマホを、のぞいて晒すなんてできない」と、スマホを見ずにいた。

ミズキはためらいなく、ユウマのスマホをのぞき、ものすごい燃料を投下してきた!

ユウマは「向井ユウマ」というキャラクターを作っていた!

「本当は他人のことなんて、どうだっていい」

「オレはそういう人間だ。だから演じるしかない」

「優しくて、正義感が強くて、悪いことなんてできない…そんな理想の人物を」

ユウマはメモ帳記録で、回想録をつけていた。

これは、その中の一部…

ミズキは、ユウマと最初に会ったとき、瞳の奥の暗さに共感していた。

正義感あふれるキャラクターと、第一印象がかけ離れていた謎が解けたと喜ぶ。

とどめの燃料は、ユウマに向けられた「賛辞の録音」

ユウマにお礼を言ったり、すごいと褒める人たちの声を、密かに録音していたのだ。

ミズキのせいで、ユウマがこれまでつくりあげてきたキャラクターは、一気に崩壊した…

突然、ユウマの人格が豹変する…!!

ミズキに追い詰められ、ユウマは突然、額に痛みを感じた…

そして次の瞬間、さっきまでの優しいユウマは完全に消えた。

「あーあ…せっかく、いい人のままでいてやったのに…」

「後悔させてやるよ…蔵科ァ!!」

さっきまであんなに、他人のスマホをのぞいて晒すなんてできないと言っていたのに、

何の躊躇もなく、スマホをチェックするユウマ。

ミズキの暗い過去を暴き、絶望させる…

その上、号泣するミズキに近づいて

「もっとよく見せろよ、そのダッセェ顔」

「あーあーグッチャグチャじゃねえか♡これが見たかったんだよ!!」

「クク…ギャハハハハ!!!!」

ゆきおか
酷い…悪魔だ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なんか、ミズキが可哀想になってきた…

【スクープ】向井ユウマ、リアアカ事件黒幕の家族だった!!

大炎上祭ゲーム最後の燃料は、

ユウマが、リアアカ事件の黒幕の家族だったという、写真付きの投稿だった。

それを見て何故か「久しぶりだな、ユウマ!」というユウマ。

その後、少しキャラが戻るが…

今までの優しいユウマは、やはり演じていたようだ。

ネカマをやっていたキリカちゃんは、ユウマはそんなに酷くないと言ってくれたが、

あやめとチホとは、距離ができてしまった…

現実世界に戻ってきた!?

突然意識を失い、目が覚めると…何故かマーブルの格好をしていた。

感想

右を向いても、左を向いても、マーブルだらけ((((;゚Д゚))))!!

上を見上げると、空が広がっていた…もしかして、現実に戻ってきたのか!?

もうゲームなんてやらなくていいのか!と喜んでいると…

スマホを持った、異常な表情をしている人たちが、集団で襲い掛かってきた!

ここは現実世界なのか?

だとしたら、どうして現実世界の人に襲われるのか?

マーブルマークって何?

一体、何が始まった…!?

~6巻ネタバレ&感想END~

ネタバレ&感想
リアルアカウント7巻【ネタバレ・感想】アタルが、ユウマを殺しにやってくる!?

【7巻】マンガを読んだ感想を、簡単に紹介 『リアルアカウント7巻』 原作:オクショウ 漫画:渡辺静 雑誌:別冊少年マガジン(旧・週刊少年マガジン) 出版社:講談社 漫画レーベル:週刊少年マガジンコミッ ...

続きを見る

⇒【リアルアカウント】に関する記事一覧はコチラ!

⇒他にも、こんなマンガ読んでます♪

⇒漫画がオトクに読める『ポイント活用術』も紹介しています♪

Copyright© f.story(エフドットストーリー) , 2018 All Rights Reserved.