デスゲーム漫画

リアルアカウント9巻【ネタバレ・感想】復活技術で、プレイヤー達を生き返らせる!?

<読んだ感想を、簡単に紹介(9巻)>

ユウマとミズキがDQNマーブル狩り!

DQNの正体が分かってから、リアアカ事件が動き出す!

ユウマの両親が残した、ビデオメッセージの内容とは?

リアアカ社に潜入した、ナナコの運命は…!?

ゆきおか
ゆきおか
ここから、がっつり「ネタバレありの感想」を綴ります♪
マギー起用バナー

リアルアカウント9巻の【ネタバレ・感想】

DQNマーブル狩りだ!

黙ってやられっぱなしなのはムカつく!

ユウマとミズキは、東京キラリラタワーにDQNマーブルたちを集めた。

DQN狩りだ!!

ゆきおか
ゆきおか
「マーブルマーク」切り取っちゃうとこ、恐ろしかった…

ユウマはともかく、ミズキ「舌」だよ!

それでも死なないミズキ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

DQNマーブルは、プレイヤーの首輪から絶えず送信されている

GPSの位置情報を受信して、一番位置が近いプレイヤーを標的にして、襲い掛かってきていた。

そこでユウマは、恋人の居場所をGPSで監視できるアプリに対抗する「浮気アプリ」を利用して、GPSの位置情報をずらし

DQNマーブルを一斉に、ハワイへ向かわせたが…

やっぱり一発殴らなきゃ気が済まない!と、位置情報を元に戻して、DQNを力づくで東京キラリラタワーから突き落とした。

ゆきおか
ゆきおか
やっぱGPSだよね。最初っから、そうだと思ってたよ。

マーブルマーク切り取る必要、なかったと思うよーーっ((((;゚Д゚))))!!

DQNマーブルの正体は…

人間の死体だった。しかも、死んでからしばらく経ってる。

火だるまになってもタワーから落ちても、DQNが動けていたのは、最初から死んでいたから。

DQNがかぶっている「マーブルマスク」の超技術で、死体を操って動かしていたのだ!

ユウマは、何か引っかかっていた…この死体、どこかで見た事ある。

マーブルマスクを外していくと…「自分の死体」を発見した!

DQNマーブルの正体は、リアルアカウント「プレイヤーの死体」だった…!!

ゆきおか
ゆきおか
自分で、自分の死体を発見する((((;゚Д゚))))

今まで死んだプレイヤー達を、生き返らせる!?

  • 柏木家で見つけた、幼い頃のユウマの死体の写真
  • 今、目の前にあるユウマの死体

2つの出来事は繋がってる?これは何を意味してるのか…?

ユウマは、ある推理をした。

元の体と今の体が、同時にこの場に存在しているという事は

リアアカ運営社は「人間の体を再現できる技術」を持っていると考えられる。

やつらは意識をデータ化して「電脳世界と送受信できる技術」も持っている。

そして、今のこの状況…

おそらく、新しく作ったプレイヤーの体に「復元した意識データ」を送ることができれば、プレイヤー達を生き返らせることができるはず!!

反撃開始だ!リアアカ本社に乗り込むユウマたち!

ユウマたちは、復活技術の手がかりを掴むため

リアアカの本社ビルに乗り込み、探索を開始する!

ビルの中は、まるで夜逃げした後みたいに、何もなかった…人も誰もいない。

ナナコが殺された!?

ナナコから、メッセが来ていた。

【報告】預かったメモリーカード、リアアカ社内の端末でしか読めないカードみたい。

これから、リアアカ社に潜入開始!

ユウマはナナコに、メモリーカードを調べるよう頼んでいた。

ナナコに電話をかけるが、出ない…

もしも、あのカードの中身が「運営にとって、知られたくない秘密」だったら

もしナナコが、その秘密を知ったとしたら…

危険を感じたユウマは、社内を探し回り、ナナコを見つけるが…

ナナコは死んでいた。

メモリーカードは、バラバラにされている。

何が反撃だ、やっぱりまたしても、何もかも

やつら(リアアカ)に奪われてばっか…

ユウマが、どうしようもない絶望を感じていると…電話がかかってきた。

ナナコからだ!…一体どういう事なんだ!?

「私…今、リアアカ空間にいるの…」

ナナコは、メモリーカードの中に入っていた、運営がリアアカ事件に使った「技術」を

マーブルに襲われたとき、とっさに起動して、殺される寸前に「意識をリアアカ空間に飛ばした」らしい。

ゆきおか
ゆきおか
ナナコちゃん、グッショブ!!

カードの中身の他にも、言わなきゃいけない事があると言うが…そこで電話の声が途切れてしまう。

ゆきおか
ゆきおか
ナナコちゃん、血を流して倒れてる…

ラストミッション

  • ゴール地点は、スタート地点!
  • ゲーム終了時にゴールにいないと、首輪爆発で即死亡!

「SNS鬼ごっこ」開始時に目覚めたのは、市民スタジアム。

リアアカ社からだと、今すぐ行かないと間に合わない…

しかしユウマは「ここに残る」という選択をする。

このゲームが終わったら、この扉を開けるチャンスは失われるかもしれない。

復活技術を信じて、ここに残る!

あやめとミズキは、ユウマとともに残ることを選択する。

チホは「現実と電脳世界の橋渡し役」として、復活技術を成功させるために、一人スタート地点へ戻った。

ロッカーに隠れるイマリ発見!

扉を開けるための「パスワードの手がかり」を探すため、

あやめが社内を見回っていると、ロッカーに隠れていたイマリを発見する!

イマリとナナコは、マーブルに襲われた時

ナナコが盾になって「逃げて!」と助けてくれたらしい。

怖くて自分だけ逃げてしまったことを後悔して、絶望し号泣していたイマリを、あやめが優しく元気づけると、

イマリは、メモリーカードの中身について、話してくれた。

メモリーカードの中には、運営がリアアカ事件に使った技術と

もう一つ「映像ファイル」が入っていたらしい。その映像は…

ユウマの両親が残した、ビデオメッセージの内容とは?

“リアルアカウントの真実と、ユウマの正体について”

ゆきおか
ゆきおか
真面目なシーンなのに、お父さんのキャラw

ユウマの両親が発明したのは「CAP(コピーアンドペースト)技術」だった。

この技術を、両親は

  • 食糧問題の解決
  • 医療文化の革命的な進歩

のために利用しようと考えていたが…リアアカ社に悪用されてしまう…!

幼い頃、ユウマをトラックで轢いたのは、マーブルだった。

ユウマは一命をとりとめたが、生きていると知られたら、また同じように命を狙われるかもしれない…

そこで、両親はある決断をした。

ゆきおか
ゆきおか
なるほど、だから「ユウマの死体」が存在していたのね

復活技術なんて、存在しなかった…

  • 体を複製する技術
  • 電脳空間と意識データを、送受信させる技術

この2つによって、ユウマの復活技術の理論は成り立っていた。

だけど実際は「複製する技術」しかなかった。

生きている人間を複製することはできるが、死んだ人間の「意識データ」を送受信させることはできない…

復活技術なんて、存在しなかったのだ。

残り時間10分!ユウマたちは、ラストミッションをクリアできず、ゲームオーバーになる。

そして、復活することはできない。

ここで死ぬ…

リアアカ空間は、実は○○だった…!!

ユウマは気付いた。

全部分かった。逆だった!!

リアアカ本社の、この扉の向こうに「本当のゴール」がある。

意識をデータ化して、電脳空間に飛ばす技術は、存在しなかった。

それは、何故か…?

リアアカ空間は、実は○○だったから…!!

ゆきおか
ゆきおか
マジかーーーーーーっ!!!!

電脳空間のデスゲームより「○○デスゲーム」の方が怖いんですけど((((;゚Д゚))))!!

リアアカ社、どんだけ巨大空間持ってるの!?

てか、一体何がしたいの?

ってか、チホちゃん!チホちゃんが…(´;ω;`)ウッ…

ABOUT ME
ゆきおか
ゆきおかです!
マギー起用バナー
RELATED POST