ドラマ

【シグナル】2話あらすじ「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」

投稿日:

「長期未解決事件」捜査班の発足!

2話あらすじ

廃棄処分されるはずだった、謎の無線機がきっかけで
15年前の未解決事件が動き出した!

無線機から聞こえる声の主は、大山剛志(北村一輝)

  • 健人(坂口健太郎)の情報を元に、訪れた病院で「女児誘拐事件」で指名手配された「男の首つり遺体」を発見した
  • 彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいる

と話していた。半信半疑で、大山から聞いた病院へ向かうと…

聞いた通りの場所で、15年前に起きた誘拐殺人事件「犯人の白骨遺体」を発見した!

時効成立を前に「犯人自殺」で事件は終わるかに見えたが、この遺体は男性…
健人が、15年前に目撃した犯人は、女性だった。

先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)と共に、捜査を再開すると、ある看護師が捜査線上に浮上した。

女性の名は、吉本圭子(長谷川京子)
健人が目撃した、犯人の風貌そのものだった。

健人は、彼女こそが真犯人だと確信する。

しかし、圭子は警察で取り調べを受けるも、尋問に淡々と答えるだけで口を割らない。

時効成立が刻一刻とせまるが…

やがて日本で「時効の撤廃」が決まり、
警視庁内に長期未解決事件を扱う捜査班が発足された。

その後、再び無線機で交信する健人。

「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」

大山は、謎の言葉を残した…

8年後

アメリカで、本格的にプロファイリングを学んだ健人は、

長期未解決事件捜査班に、プロファイラーとして配属された。

過去に未解決のまま終了した、連続女性殺人事件の再捜査を行うことになり…

Copyright© f.story(エフドットストーリー) , 2018 All Rights Reserved.